美容と健康に納豆の栄養素

ナットウキナーゼは女性の強い味方になってくれる

納豆のねばねば成分であるナットウキナーゼは血液サラサラ効果を始めとして、生活習慣病予防などの健康効果が秘められています。
しかし、健康だけでなく美容にも役立ってくれて、女性もぜひ取りたい成分の1つです。
まず、ダイエットサポートとして力を発揮してくれます。
ナットウキナーゼは血行を良くして血液をサラサラにしてくれますから、全身のめぐりが良くなって栄養や酸素を体のあちこちに運びやすくなります。
そのおかげで、代謝がアップして脂肪も付きにくくなり、ダイエット効果に期待できます。
また、肌への作用のも期待できます。
肌へも酸素や栄養がしっかりと運ばれるようになりますから、肌が本来持っている機能もアップしてくれます。
肌の潤いやハリがアップされてターンオーバーが整いますから、肌トラブルのない健やかな肌でいられます。
そして、腸内環境を整え、女性に多い便秘の悩みもなくしてくれます。ナットウキナーゼは腸内の善玉菌を増やす手助けをしてくれて、腸内の悪玉菌を減らしてくれます。
腸の活動がアップしてぜん動運動もしっかりと促されますから、便秘がなくなりお腹の張りなどもすっきりとしてきます。
そんな美容にいいナットウキナーゼを取りたいけれど納豆が苦手な方は、サプリメントもありますから心配いりません。

心筋梗塞や脳梗塞の予防をしたい人にオススメ

みなさん、ナットウキナーゼという言葉はテレビやネットで聞いて知っている人は多いと思いますが、どう体にいいかわからないって人も多いと思います。ここではそれを紹介したいと思います。
【そもそもナットウキナーゼって?】
納豆は大豆を発酵させ独特な粘りがある食品で、発酵させる際にいくつかの成分が生成されます。そのうちのたんぱく質の分解酵素がナットウキナーゼです。
つまりあのネバネバの成分の一つということです。
【摂取するとどうなるの?】
ナットウキナーゼは血栓を溶融に働きかけます。
体内に入ったナットウキナーゼは血栓の主成分のフィブリンに働きかけたり、体内の血栓を溶融する酵素にもはたらきかけたり、あるいは体内の血栓を溶けにくくする物質に働きかけます。
つまり、血栓の予防を高め、血栓がつまりおきる心筋梗塞や脳梗塞の予防に役立つメリットがあります。
【血栓の予防以外にもこんなメリットが】
ナットウキナーゼを摂取した人は、血圧が降下したり、血流がよくなったという効果が確認されています。
【いつ摂取したらいい?】
人体に血栓ができやすい時間と言うのがあり、それは皆さんが寝ている深夜から早朝にかけてできやすいそうです。
そのため、夕食後や寝る前に摂取すると良いといわれています。
ですが、夕食後に納豆を食べるというわけには行きませんので、サプリメントを摂取するというのが一つの手といえますね。

オススメの記事