中高年の健康をバックアップ

ナットウキナーゼは年齢を重ねた体の守り神

年齢を重ねてくると、どうしても無視できないのが高血圧等の成人病です。
毎年の健康診断ではコレステロールや中性脂肪の数値が異常をきたし、検査をした病院からは再検査を勧められることも多くなってきます。
血管の壁が厚くなり、流れる血さえドロドロとしていると、いつ動脈硬化を起こしてもおかしくないとお医者さんから言われる始末です。
体調管理には気をつけたい、でもどうすればいいか分からないという方にお勧めなのが、ナットウキナーゼです。
その名から推測される通り、納豆に含まれる成分ですが、ナットウキナーゼを効率よく摂取するにはサプリメントが特にお勧めです。
納豆を毎日たくさん食べるのにも限度があるものですが、サプリメントだと気軽に摂取することができ便利です。
納豆の苦手な方でも、納豆に含まれる有効成分のナットウキナーゼで血栓予防に役立ちます。
納豆特有の臭いも除去され、有効成分のナットウキナーゼだけをしっかり摂取することは、年齢を重ねた自分の体を大事にする一つの方法です。
できれば生活習慣を見直し、軽い運動も毎日取り入れ、そのうえでナットウキナーゼのサプリメントを摂取することは、あなたの体を守ることにつながります。
どんなに体調管理に気を付けても、仕事などで思い通りに行かない日もあります。
そんな時でも毎日摂取できるナットウキナーゼのサプリメントはあなたの体の守り神となること間違いなしです。

ナットウキナーゼの効果効用と安全性

納豆菌にはいろいろな健康効果がある有効成分が含まれていて、納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼは血栓融解作用に役立つことで知られています。血栓というのは人の体内で破損した血管、組織を止血する作用があります。そして止血の役割が終了した血栓はプラスミンと呼ばれる酵素の働きによって分解されます。このメカニズムがきちんと作用している内は問題ないと言えますが、血栓の分解がきちんと行われずに血管内に残ると結果的には血管が詰まることになります。
ナットウキナーゼにはウロキナーゼという血栓を溶解する働きを高めてくれる酵素の前駆体のブロウロキナーゼの働きを活発する作用があるので血栓を溶解させることに役立ちます。またナットウキナーゼは高血圧にも効果があると言われていて、摂取することで血圧を下げる働きが期待できます。
そんなナットウキナーゼの安全性については納豆に含まれる成分なので、昔から人々に食べられてきた栄養素と言えます。だから副作用等の心配はなくサプリメントで摂取する場合も摂取目安を守れば問題ありません。ただし注意して欲しいのはワルファリンといった抗凝固剤を服用している人に関しては相互作用があるので摂取する前に医師に相談するようにして下さい。

オススメの記事