血液の循環を良好にしてくれる

ナットウキナーゼでドロドロ血液を予防

日本人には古くから馴染みの深い食べ物の納豆ですが、健康的な生活を送るうえで欠かせない栄養素を豊富に含んでいます。中でも特に注目すべきはナットウキナーゼと呼ばれるタンパク質分解酵素です。このナットウキナーゼには血流に直接入り込んで血栓を分解する働きがあり、血流障害によって引き起こされるさまざまな病気や生活習慣病を予防するなどに役立ちます。
ドロドロ血液になるリスクを高めてしまう原因は普段の生活習慣に潜んでいます。揚げ物や肉料理などの脂っこい食事を好み、野菜や水分が不足している人。また、アルコールや喫煙・ストレス・運動不足なども血管を詰まらせる原因になってしまいます。脳梗塞や心筋梗塞など命を落とす危険性のある病気を予防するためにも、ナットウキナーゼは普段から積極的に摂りたい重要な成分です。
「納豆は美味しくて健康にも良い」と好んで食べる人がいる一方で「あの独特なにおいを嗅いだだけで顔を背けるくらい苦手」という人も多くいます。ドロドロ血液を予防したいけれど納豆が食べられないという人には、手軽に飲めてにおいも感じないサプリメントでの摂取がおすすめです。ナットウキナーゼで重篤な病気にかかるリスクを下げる事はとても大切です。これからは積極的に普段の生活習慣で摂り入れていきたいですね。

ナットウキナーゼで血栓予防

納豆はネバネバしているのが特徴的ですが、その中にナットウキナーゼの成分が入っています。汚れてきた血液をサラサラにしていく効果があるので、高血圧や糖尿病予防をするときに役立ちます。ナットウキナーゼは納豆菌を発酵させていく過程で出来ていきます。
納豆は健康にいいのはわかってるけど、臭いが苦手という人やネバネバが嫌いという人でも、ナットウキナーゼのサプリなら臭いもなく飲みやすいです。飲み続けている人はどんな効能があるかというと血栓予防です。血液をキレイにしていく働きがあるので血液凝固にならないようにしてくれます。血栓になってしまうと血流が悪くなり最悪流れが止まってしまいます。そうなると心筋梗塞や脳の血栓を塞ぐ脳梗塞となってしまいます。血栓を溶かすのにいいとされているのがナットウキナーゼなのです。
食後にナットウキナーゼを取り入れるといいのですが、何時ごろがベストなのかというと、夜寝る前や夜ご飯を食べたあとが最も効率的です。狭心症や急性心筋梗塞を起こすのは朝が多いです。血液を活発に循環するはずがドロドロした血液が体内を回ると発作を起こしやすくなってきます。日ごろから血栓が気になる方には毎日ナットウキナーゼを体内に取り入れることが大切です。

オススメの記事